「○○たらいいな。ではどうしたら?」軽やかに、着実に

 私はよく「○○たらいいな」と(心の中で)言います。「うまくいったらいいな」「夢が叶ったらいいな」「いい出会いがあったらいいな」「あの人と親しくなれたらいいな」「人の役に立てたらいいな」「もう少し(人間として)成長できたらいいな」・・・。
 これらは自分の願いや目標を言葉にしたものですが、少し軽い言い方になっています。次のようなメリットがあります。
・軽い気もちで考える/始める/行動することができる。
・可能性が薄いことでも、希望を残すことができる。
・うまくいっていなくても、もしくは、あきらめることになっても、それほど落ち込まなくてすむ。
「○○したい」「○○しなければ」では、少しプレッシャーが感じられます。
「軽い気もちでやってみよう。もしかしたらうまくいくかもしれないよ」という感じで「○○たらいいな」と言うことで、少し明るい気もちになれます。

 私は、「○○たらいいな」に続けて、「では、どうしたら?」と考えるように心がけています。
 将来に不安を感じたり先のことで余計な心配をするよりも、「○○たらいいな。どうしたら?」と考え、今できることをやればいいのです。日々の積み重ねが○○(目標達成)につながっていくのだと思います。
 夢や目標がある人は、「達成できたらいいな。では、どうしたら?」と思い続ければいいのです。

 この考え方の応用を紹介します。
 生活の中で問題が生じた時に、まず「自分はどうしたいのか?」と考えます。それがわかったら、「○○たらいいな。では、どうしたら?」と考えることで問題にうまく対処できることがよくあります。
 ただ「困った」「どうしよう」などと頭を抱えていても悩ましいだけです。まず自分がどうしたいかを明確にし、そのための方法を考えるという単純な考え方なのですが、実生活の中で役に立つ考え方だと実感しています。よろしかったら、試してみてください。

 大切なのは「○○たらいいな」と自分の望みや目標を明確にして、「どうしたら?」とその方法を考え続け、少しずつでも前進し続けることです。それが今をイキイキと生活し、明るい将来にもつながっていく方法だと思うのです。

    幸せになる考え方