「こんな人のためにイライラするのは損だ」

 イライラするような相手のことを考えて、なんになるのでしょうか?
 相手に文句を言ったり、頼んでみることで、相手を変えられるかもしれません。
 でも、相手に直接言うのはなかなか難しいことが多いのではないでしょうか。
 言っても、変わらない人もいます。

 相手を変えようと思わない(相手に対して何もしない)のなら、イライラするのはやめたほうがいいでしょう。
 そういう時には、「こんな人のためにイライラするのは損だ」と考えれば、イライラするのがバカらしく思えてくるのではないでしょうか。

 たとえば、相手が幼い子供だと思えば、「しょうがない」「まぁいいか」などと考えられることも多いでしょう。それと同じなのです。
 平気で人をイライラさせるような人はどこかしら未熟なのです。そんな人のことを考えても、イヤな思いをするだけでいいことはないでしょう。

 相手が意地悪な性格だったり自分に悪意を持っている場合もあります。
 そんな場合、イライラしてしまうのは相手の思うツボです。
 そういう人に対しては、できるだけ「相手をしない」ほうがいいでしょう。

 そもそも人のためにイライラするのは、自分の時間やエネルギーがもったいないのではないでしょうか。
 そんな人の相手をするヒマとパワーがあったら、何かいいことをするのに使ったほうがいいと思いませんか?

 幸せに暮らすためには、「今を大切にしよう」という意識も大事だと思います。

    人にイライラしない

幸せになる考え方