「人は人」

 「人は人、自分は自分」というのはよく知られた考え方です。
 でもそれを思いつかずに、イヤな気分で過ごしていることは多いと思います。
・人の考え方や意見が、気に入らない、間違っている、など。
・人のやり方や行動が、許せない、ちゃんとしていない、など。
  礼儀正しくない、いいかげん、要領が悪い、やさしくない。
・人が自分の期待したようにしてくれない。
  あいさつや「ありがとう」の一言もない、話を聞いてくれない。
・人のクセや習慣が、我慢できない、理解できない、など。
 「人は人」と思うことができれば、それほどイヤな気もちにならなくてすむのではないでしょうか。

 と言っても、心から「人は人」と思えるようになることは、すぐには難しいかもしれません。
 「人は人」と思えるための考え方をいくつか紹介します。

1.「こんな人もいる」と相手の存在を受け入れる。

2.「こういう所もある」と相手の問題点を受け入れる。

3.「違っていていい」と違いを受け入れる。

4.「この人にはこの人の□□がある」と相手(のポリシー)を尊重する。


 このような考え方を心がけることで、「人は人(でいい)」と思えるようになれたら、と思います。
 それは、自分がイヤな思いをしないための考え方です。

    人にイライラしない

幸せになる考え方