「頼んでみよう」〜不満を抱えてイライラしているよりも〜

 相手が「○○してくれない」「××するのがイヤ」などと不満を感じた時、不満を抱えたままイライラして過ごすよりも、相手に「頼んでみよう」と考えてみてはどうでしょうか。
 「○○してほしい」「××はやめてほしい」ということを頼んでみて、相手がそのようにしてくれれば、不満はすぐに解消できます。
 自分からうまく一言頼めるだけで、どれだけ不満を感じてイライラする時間が減るでしょうか?

 その際に大事なのがその言い方やタイミングでしょう。
 自分が人から何かを頼まれた時のことを考えれば、言い方やタイミングが対応を左右することがあるとわかるのではないでしょうか。
 たとえば、「○○して(しろ)」と言われるよりも、「○○してくれたら、うれしいな」「○○してくれると助かる(ありがたい)んだけど」などと言われたほうがなんとなく引き受けたくなるような気がします。
 また、「頼む」というよりも「お願いする」形がいいようです。
 相手の機嫌をうかがってうまくお願いができたらいいでしょう。

 「相手がやって当然」「言わなくたってやれよ」「何度も同じことを言わせるな」「なんで自分から頼まなくちゃいけないんだ」のような(心の中の)思いが、自分から言えない・頼めない(隠れた)理由かもしれません。
 意地とか面子とか駆け引きなんかのために、不満タラタラ過ごすのはもったいないのではないでしょうか。
 また、世の中には何度言っても忘れてしまう人、言わないとやってくれない人もいます。そういう人には何度でも頼めばいいでしょう。ひと言お願いすればやってくれる人だったら、まだいいほうかもしれません。

 最初から頼んでもムダだと決めつけているのではないか?
 今まで、頼んでもダメだったのは、頼み方がまずかったのではないか?
 と考え直してみると、「頼んでみよう」と思えるかもしれません。

 相手にしてほしいことがあるのなら、うまくお願いする方法を考えてみてはどうでしょうか。

    人にイライラしない

幸せになる考え方