「くるならこい」〜「自分は大丈夫」〜

 人が自分に何かイヤな事をして、イライラした時に、「やめてくれ」となかなか言えないことがあります。
 ちょっとしたことで大げさに言うのがはばかられたり、相手がわざとなのか無神経なのかわからないような場合です。
 また、相手に言うことでトラブルやリスクが生じる場合もあります。

 そんな時に、「なんだこの人は」「無神経なヤツ」「イヤだイヤだ」などと考えていると、余計にイライラしてしまいます。
 でも結局、イライラしただけで、何もしなかったということが多いのではないでしょうか。

 そういう時には、「このぐらい平気だよ」「もうちょっとなら、やってもいいよ。(自分は)大丈夫だよ」「やれるもんなら、もっとやってみろ」「くるならこい」などと考えられると、あまりイライラしなくてすみます。
 「もっとやっても平気だよ」と考えているのと、「イヤだイヤだ」と考えているのとでは、自分の気もちがけっこう違うのです。

 さらに、「そのかわり、度を越えたらビシッと言ってやる」のように考えればいいでしょう。
 相手が度を越したことをやった場合には、ビシッと言えば、相手も自分が悪い事をしたのを認めるでしょうし、まわりの人の共感や支援も受けやすいでしょう。
 でも、実際には「ビシッと言う」ケースは少ないでしょう。

 相手に対して何もしないのなら、イライラするだけ損ではないでしょうか。考え方を変えて、より平穏な気もちで過ごすことができたら、と思います。
 「このぐらいは平気だよ」「自分は大丈夫」とか思えると、自分が少し成長できたんじゃないかと感じられることがあります。

    人にイライラしない

幸せになる考え方