「友達と喧嘩をした」

 親しい人と、喧嘩や行き違いなどのトラブルがあったあと、相手と気まずい関係になってしまうことがあると思います。互いになんとなく避けてしまったり、気軽に声をかけられなくなってしまったりします。

 そんな時、もし気まずい関係がイヤなら、「まず自分から」と考えてみてはどうでしょうか。
 自分から相手に仲直りを提案したり、自分の悪かった部分は相手に謝ったりすることです。相手が自分を避けている様子でも、自分から相手に歩み寄る気もちが大切だと思います。

 「相手が原因」「相手が悪い」と思うと、なかなか「自分から」という気もちにはなれないかもしれません。
 でも、関係を良くしたい大切な相手なら、「まず自分から」働きかけて早期に関係を修復したほうが、気まずい関係の時間を続けるよりもいいのではないでしょうか。また、早いうちほど仲直りもしやすいものです。

 「どうして自分から折れなくちゃいけないのか」「どうして自分が謝らなくちゃいけないのか」などと思ってしまう人もいるでしょう。
 面子にこだわることにどれほどの価値があるのでしょうか。また、相手とのかけひきを考えるのは、互いの関係にとっていいことなのでしょうか。
 相手の気もちも思いやりつつ、うまく謝れる、うまく仲直りが提案できることのほうが人間として素敵だと思うのです。

 もし自分が大切にしたい関係なら、そのトラブルにこだわるよりも、早くいい関係に戻って互いに気もちよく過ごせるように、「まず自分から」と相手に働きかけたほうがいいのではないでしょうか。

    人間関係で悩み苦しまない

幸せになる考え方