「許せない/許せなくてもいい」

許したいですか?

 人と何かトラブルがあったあとに、相手の言葉や行動などが「許せない」と思ってしまう人がいます。「許せない」と思っていると、相手のことが嫌いになったり、相手を憎んだりしてしまうこともあります。

 「許せない」という思いは、長く続きやすいでしょう。「許せる」か「忘れる」まで続いてしまいます。
 それまでの間は、相手と接するたびに、相手のことを考えるたびに、イヤな気もちになってしまうことが多いでしょう。

 「許せない」という人は、心のどこかに「許したい」もしくは「許せる自分でありたい」という思いがあるのではないでしょうか。
 「許したいけど、許せない」という人もいます。

 「許せなくてもいい」のではないでしょうか。
 ただし、「こういう人もいる」という現実は受け入れたほうがいいでしょう。「許せない」という思いには、「こういう人がいるのも許せない」という意味も含まれているような気がします。
 「こういう人もいる」と考えることで、少しは気もちもおさまると思います。
 相手がふだんはいい人の場合には、この人にも「こういう時もある」もしくは「こういう所もある」と考えればいいでしょう。

 「許せない」と思い続けるよりも、「こういう人もいる」「こういう時(所)もある」と考えたほうが、自分(の心)のためにいいのではないでしょうか。

    人間関係で悩み苦しまない

幸せになる考え方