「相手の問題」

 こんなことを言ったら(したら)、もしかして「(自分のことを)悪く思われるかもしれない」「嫌われてしまうかもしれない」「相手がイヤな思いをするんじゃないか」「相手が傷ついてしまうかもしれない」などと、ふと思ってしまうことがあるのではないでしょうか。
 もしくは、何かを言った(した)あとに、「嫌われたかもしれない」「怒っているんじゃないか」「傷つけてしまったかもしれない」などと考えてしまったことがあるのではないでしょうか。

 人に「悪く思われたくない」「嫌われたくない」のような思いは誰にでもあることです。また、人への思いやりがあることはいいことです。
 でも、相手の思惑を気にしすぎて、気疲れしてしまったり、自分らしくいられなくなってしまうのは、自分にとってよくないでしょう。

 もし、相手に対する悪意が自分になく、この程度なら言っても(しても)「ふつうは問題ない」と思うのなら、あとは「相手の問題」と考えてみてはどうでしょうか。
 「誤解するのは相手の問題」「悪くとるのは相手の問題」など。

 それでもし相手が誤解したとしたら、「その時はその時」です。
 誤解は、心から謝罪すればとけるはずです。心からの謝罪が通じないとしたら、それもまた「相手の問題」ではないでしょうか。

 人の心を思いやるのはいいことですが、人の思惑を気にしすぎると自分がつらくなってしまいます。
 実際に人を傷つけたりするのは、人の思いなどは考えない無神経な人や、感情的になってしまう人が多く、人の心を気遣える人は少ないはずです。
 ある程度人に気を遣ったのなら、あとは「相手の問題」と考えてもいいのではないでしょうか。

    人間関係で悩み苦しまない

幸せになる考え方