「決断すべき時には、決断するために」

 物事をなかなか「決められない」で、悩ましい思いをしてしまうことがあるという人は多いのではないでしょうか。
 “人生の選択”と言えるような大きな問題では特に迷うことでしょう。

 決断にはタイミングが大事な場合があります。決断が遅れることで、その決断自体が役に立たなくなってしまうこともあります。
 「この問題はいつまでに決めたほうがいいか?」と、少なくとも一度は考えておいたほうがいいでしょう。

 Aか/Bか、するか/しないか、やめるか/続けるか、変えるか/変えないかなど、二択(二者択一)で考えていることが、実は三択の場合があります。
 もう一つは、迷っていて何もしない、悩ましいだけの時間を過ごしてしまう、タイミングやチャンスを逃してしまうなどという隠れた選択肢です。

 二択で迷っている間に、一番よくない第三の選択をしてしまうことがあります。
 この第三の選択肢の存在に気づいていれば、決断すべき時がわかることがあります。

 期限がはっきりしていない場合、なかなか決断できないために、結果として第三の選択をしてしまうことがあります。
 「第三の選択はやめよう」と注意し、必要な時には決断したほうがいいでしょう。

 「決断するために役立つ考え方」もあります。

 人生には決断すべき時があります。自分と、自分の大切なもののために。

    選択・決断に迷った時

幸せになる考え方