何かを始めるためにやめよう

 何かを「やめようか?どうしようか?」迷った末に、最終的にやめる決断をする場合、「何かを始めるためにやめよう」と考えるようにするといいでしょう。

 やめた後には新しい生活が始まるわけです。新たな可能性も生まれます。
 そこをよく考えた上で、「何かを始めるためにやめるのだ」と言えるようにすることです。

 「やめたい」という思いはきっかけだったかもしれませんが、やめる最終的な目的は新しい何かを始めるためです。
 もしやめる前にできることがあるなら、新しい何かのための準備をしっかりしてからやめればいいと思います。
 また、やめたあとにできる(比較的大きな)時間を有効に使うことを考えてみるのもいいでしょう。

 一度やめると決めたら、もう後ろは振り返らずに、新たな希望に目を向けて歩き出したほうがいいのではないでしょうか。

    幸せになる考え方