「人間関係の問題の場合の
   問題化しないための幸せになる考え方」


 「嫌われているのではないか?」などと人の思惑が気になってしまっても、「自分が考えさえしなければ何も問題はない」「人の心はわからない(考えてもしかたがない)」「この人に嫌われてもかまわない」「どう思うかは相手の問題」。

 つきあいの中で気まずいことがあっても、「小さいこと」「少しぐらい気まずい時があってもいい(しかたがない)」「合わない人もいる(どうしようもない)」。

 関係が悪い人がいても、「多少のことは我慢すればいい」「あと?年たてば、つきあいがなくなるはず」「この人を変えることはできない(どうしようもない)」。

 このような考え方ができればいいのです。


    幸せになる考え方