「紙に書いて考える」

 じっくり考えて解決を目指す方法として、いちばんおすすめしたいのは、「紙に書いて考える」方法です。

 頭の中だけで考えていると、いろんなことを考えすぎて、混乱してしまうことがあります。
 紙に書き出してみることで、問題を明確にすることができます。
 書いていく過程で、問題や考えを整理することもできます。

 難しい問題を考えていると、同じ考えを繰り返す“堂々巡り”になってしまいがちです。紙に書くことには、堂々巡りを防ぐ効果もあります。

 問題を考える時には集中して考え、考えない時にはうまく気分転換ができたほうが、いい考えもしやすいのではないでしょうか。
 紙に書いて考える時間は集中して考えることができます。それ以外の時にはその問題を考えないように心がければ、悩みによる生活への悪影響も小さくすることができるでしょう。

 紙に書く内容や書き方は、自由でいいと思います。書きながら「よく考える」ことが大事なのです。自分なりの書き方を少しずつ工夫していければ、と思います。(詳しくは、「紙に書いて考える」を参考になさってください)

 紙に書いて考える方法が身につけば、問題を抱えても「あまり苦しまずに、よく考える」ことができるようになれると思います。


    悩みや問題を抱えた時

幸せになる考え方