幸せになる考え方とは「心に効く具体的な言葉」


 ここでの「幸せになる考え方」の「考え方」とは、「(心の中で)言葉にできる具体的なもの」です。
 ですから、いつも「○○○」と書くようにしています。

 人の心(感情)は、自分が使う言葉(口に出して言うものと心の中で言うもの)によって変わります。
 「○○○」と(心の中で)言うことで、少しでも心にいい影響があるのが幸せになる考え方で、悪い影響があるのが不幸になる考え方です。

 言葉の使い方・言い方は人それぞれです。
 自分に合った言葉のほうが、自分の心によく効きます。

 生きていく中ではいろんな問題があり、それは人それぞれです。
 同じような問題でもそれぞれに微妙に違いますし、その人の状況や環境や性格や心の成熟度などによって、役に立つ幸せになる考え方は違うでしょう。

 ですから、自分の問題に対して、自分の心に役立つ幸せになる考え方を身につけていくことが大事です。
 そのためには、自分の問題に対する自分なりの幸せのなる考え方(具体的な言葉)を工夫しながら、一つ一つ身につけていくのがいいのです。

 私は、「幸せになる考え方」を指圧のツボのようなものだと考えています。
 とにかく試してみて効果があったものを採用していけばいいということです。あれこれ考えるよりも、思いついたものをいろいろ試してみるのがいいのです。

 このHPでは、私が効果があると思う考え方をいろいろと紹介しています。
 考え方・感じ方は人それぞれですから、合わないものもあると思います。
 でも、考え方のツボのような、多くの人に共通する部分もけっこうあるのではないかとも思っています。
 それらをヒントや参考にして、自分なりの幸せになる考え方を見つけていただけたら、と思っています。
    幸せになる考え方