幸せになる考え方「幸せになる考え方を心がける」


 自分に合う幸せになる考え方を見つけ、身につけていくためには、日頃から幸せになる考え方を心がけるようにすることが肝心です。
 幸せになる考え方を心がけたほうがいい時は、自分がイヤな気もちになった時です。

 自分のイヤな気もちに気づいた時には、まず「不幸になる考え方(をしているのではないか)?」と自問します。
 その答えは、必ず「YES」です。
 続けて、「では、今の幸せになる考え方は?」と考えるように心がければ、少しずつ幸せになる考え方でできるようになれるでしょう。

 自分がイヤな気もちになった時にしている考えは、必ず不幸になる考え方です。
 その時には、イヤな気もちを少しでもいい方向に変えることができる幸せになる考え方が必ずあります。

 イヤな気もちになるのには、それなりの原因や理由があります。
 でも、「イヤな気もちを大きくしたり、続けてしまうのは、自分の(不幸になる)考え方のせいです。

 このようなことをわかった上で、「(今自分にできる)幸せになる考え方は(どのようなものか)?」と考えれば、自分の心にいい効果がある幸せになる考え方が必ずあるはずです。

 幸せになる考え方を身につける方法は、「不幸になる考え方? YES。では幸せになる考え方は?」だけでもいいのです。
 その積み重ねで、少しずつ幸せになる考え方ができるようになれるでしょう。

 私がこのHPの中で書いていることの大半は、「幸せになる考え方は?」という問いかけの繰り返しの中から生まれてきたものです。
 よほど幸せな時以外には幸せになる考え方はきっとある、と思っています。
 イヤな気分の時には必ずある、と思っています。

 まずは、幸せになる考え方を心がける習慣をつくることが大事です。
 そのためには、はじめはうまく幸せになる考え方ができなくても、「自分を変えよう」「幸せになろう」などの強い意志をもって心がけを続けることだと思います。

    幸せになる考え方