現実問題と心の問題の分担「心の問題の解消を目指す」


 悩みや問題があっても、そのことで自分が苦しまないように、心の問題を解消できれば、現実問題はそのまま放っておいてもいい場合が多いでしょう。(問題化しない
 その分の時間とパワーを幸せになるために使うことができます。

 私たちの時間とパワーは限られています。
 それを問題解決のために使ったほうがいいか、幸せになるために使ったほうがいいかということです。
 多くの時間を、悩ましい気もちを過ごすか、幸せな気分で過ごすかとということでもあります。
 「問題を解決したい」と「幸せになりたい」のどちらを優先するかでもあります。

 もちろん、その現実問題によります。
 自分にとって重大な問題やふつうに解決できる問題なら、現実問題の解決を目指せばいいでしょう。
 でも、解決できない問題に時間とパワーを使うのはもったいないでしょう。
 また、放っておいても問題ない問題も多いでしょう。多くの問題は、時間が自然に解消してくれます。

 放っておけないのは、心(感情)の問題が大きい場合が多いのではないでしょうか。
 そういう心の問題を、幸せになる考え方を心がけることで解消できれば、多くの現実問題は放っておくことができます。
 悩みや問題があってもそれなりに幸せに暮らすことはできると思うのです。

    幸せになる考え方