現実問題と心の問題の分担「現実対応+心の対策」


 現実問題の解決を目指しても、完全に解決することはなかなかできないことが多いでしょう。
 現実問題がある程度改善したら、それで良しとし、あとは自分の心の問題として、あまり苦しまないように心がけることで済ませることができたら、と思います。
 完全解決を求めると。それができない自分にイライラしたり、自分を責めたりして、自分を苦しめることにもなってしまいます。

 ひどい状況が少しでも改善されれば、良しとする。
 自分が受ける被害が少しでも減れば、良しとする。
 できないことがそれなりにできるようになれば、良しとする。

 現実問題は、耐えられるぐらいになればいい。多少の我慢も必要なのではないでしょうか。
 現実問題の解決と心の問題の解消の併用によって、それなりに幸せに暮らせるようになればいいのでしょう。
 現実対応と心の対策によって、現実問題がある程度残ったままでも放っておき、できた時間を自分が幸せになるために使えるようになれれば、と思います。

 心の能力が高まれば、それだけ現実対応はしなくてすむようになれ、それだけ自分がやりたいことができ、幸せに暮らせるようになれるのだと思います。

    幸せになる考え方