「他にやりたいことがあるのではないか?」

 何かを考えてイヤな気もちになった時、「こんなことを考えるよりも、他にやりたいこと(やったほうがいいこと/やるべきこと/考えたいこと)があるのではないか?」と自問してみてください。

 もし、他にやりたいことがあるのに気づくことができれば、それに比べたら「小さいこと」を考えて“くよくよ”“イライラ”するのをストップできるのではないでしょうか。
 やりたいことをすれば(やりたいことについて考えれば)いいのです。
 やりたいことに集中すれば、イヤなことも忘れやすいでしょう。

 日頃から、やりたいことをもっている人には、有効な考え方です。
 何らかの目標をもっていれば、やりたいことがあるはずです。
 (「やりたいことがわからない」という人は、「やりたいことを探す」のをやりたいことにしてもいいでしょう)

 「夢や目標を達成しよう」「愛する人を大切にしよう」「幸せに暮らそう」などの目標がある人は、次のような考え方もできるでしょう。
 「こんなことを考えるよりも、自分の夢(目標)に向かって努力しよう」
 「こんな(イヤな)人のことを考えるよりも、好きな人のことを考えよう」
 「こんなイヤな気もちになるよりも、幸せな気もちになれることをしよう」

 今このことを考えるのと、やりたいことを(考えて)やるのと、どちらが自分(の幸せ)のためにいいのかを比べることができれば、「小さいこと」にあまりかかわらないですむのではないでしょうか。
 そうすることで、今を大切にできたら、と思います。

 それができないという人は、「今(時間/人生/生活/自分/心/幸せ)を大切にしよう」というような意識が足りないのかもしれません。
 「幸せに(暮らせるように)なりたい」と思うのなら、今を大切にできるようになったほうがいいのではないでしょうか。

    くよくよしない

生活を楽しめない

夢や目標がある時

幸せになる考え方