「○○たらいいな。ではどうしたら?」

 まだ先のことを考えて不安な気もちになった時に、「○○たらいいな」と(心の中で)言うことで、くよくよするような考えを切り替えるきっかけにすることができます。
 「うまくいったらいいな」「夢が叶ったらいいな」「いいこと/いい出会いがあったらいいな」「あの人と親しくなれたらいいな」「人の役に立てたらいいな」「もう少し(人間として)成長できたらいいな」・・・。

 自分の願いや目標を言葉にすればいいのです。
 そうすることで、希望がもて、心の中が少し明るくなります。
 将来の悪いことを考えると暗い気もちになり、将来のいいことを考えると明るい気もちになれるということです。

 「○○たらいいな」という言い方は、「○○したい」「○○しなければ」などよりも、少し軽い言い方になっており、次のようなメリットがあります。
・軽い気もちで考える/始める/行動することができる。
・可能性が薄いことでも、希望を残すことができる。
・うまくいっていなくても、もしくは、あきらめることになっても、それほど落ち込まなくてすむ。

 「○○たらいいな」に続けて、「では、どうしたら?」と考えるように心がけると、なおいいでしょう。
 大切なのは「○○たらいいな」と自分の望みや目標を明確にして、「ではどうしたら?」とその方法を考えることに集中することです。
 将来の悪いことではなく、将来のいいことに心の焦点を移すことができれば、“くよくよ”から抜け出すことができるでしょう。

 将来に不安を感じたり先のことで余計な心配をするよりも、「○○たらいいな。ではどうしたら?」と考え、今できることをやればいいのです。
 夢や目標がある人は、「達成できたらいいな。では、どうしたら?」と思い続ければいいのです。日々の積み重ねが目標達成につながっていくのではないでしょうか。

    くよくよしない

選択・決断で迷った時

夢や目標がある時

幸せになる考え方