「忘れられない/忘れられなくてもいい」 〜“忘れなきゃ”には無理がある〜

 「考えてもしかたがない」とわかっている過去の出来事でも、どうしても想い出してしまうことがあります。
 また、そのことを「忘れられない」と悩む人がいます。

 「忘れよう」と思っても、忘れられるものではありません。
 「忘れよう」「忘れなくちゃいけない」と自分に言い聞かせるのは逆効果でしょう。
 「忘れなきゃいけない」というのは無理があると思います。
 また、「忘れられない」と嘆くのもどうかと思います。

 「忘れられなくたっていいじゃないか」「想い出したっていいじゃないか」と考えたほうがいいのではないでしょうか。

 ふと想い出してしまってもそんなにくよくよしなければいいのです。
 それ以上余計なことを考えなければいいのです。早めに気づいてその事を考えるのをストップして方向転換すれば、それでいいのです。
 「くよくよしているのに気づいたら、何かいいことを始めよう」と、想い出すたびに何度でも。

    くよくよしない

幸せになる考え方