「一時の事」

まだ先の一時と今現在、大切にしたいのは?

 先の事を考えて「イヤだなぁ」と思ってしまうことがあると思います。
 その事を避ける方法を考えたり、イヤな思いをしない方法を考えたりしても、悩ましいだけで何もいい方法が思いつかないこともけっこうあるのではないでしょうか。

 そんな時に、「一時(いっとき)の事」と考えることで、ラクになれる場合があります。
 人づきあいでは、自分から話かける、人を何かに誘う、好きな人に告白するなどは、「恥ずかしいのは一時の事」と考えることができます。
 他にも、「つらいのは一時の事」「我慢するのは一時の事」「イヤな思いをするのは一時の事」など、いろいろな使い方ができます。

 中には、年に1回の事(帰郷、年中行事など)や、ごくたまにしか会わない人とのつきあいについて、あれこれと悩む人がいます。「一時の事」と考えれば、それ以外の時間に余計な心配をしなくてすみます。

 イヤな事が限られた短い時間で済むことだとわかっているのなら、その短い時間のために長い時間心配してイヤな思いをしてしまうのはいかがなものでしょうか。
 「一時の事」「なるようになる」などと考えて、今の時間を大切にしたほうがいいのではないでしょうか。

 まだ先のイヤな事はあれこれ心配し過ぎないように、「(つらいのは/我慢するのは)一時の事」と覚悟する。その場では「一時の事だから」となんとかやり過ごす。過ぎたイヤな出来事は「一時の事だった」と早く忘れる。
 人生の中ではそんなふうに考えたほうがいい「一時の事」がけっこうあるような気がします。

    くよくよしない

イライラしない

人間関係に悩み苦しまない

幸せになる考え方