「じっくり考えて解決を目指すための幸せになる考え方

あまり悩み苦しまずに、よく考えるために

 自分にとって重大な問題は、時間をかけてよく考えたほうがいいでしょう。 そのためには、まず、「悩みや問題があるのは当たり前(あってもいい)」と考え、(まだ解決できない)問題があることを苦にしたりあせったりせずに、じっくりと取り組む覚悟をしたほうがいいのではないでしょうか。

  紙に書いて考える

  休み休み考える

  いろんな所を探し回りながら考える

  深く考える


 「人に相談する」のも、問題解決のヒントを得る有力な方法の一つでしょう。
 また、解決方法の選択や決断に迷うこともあるでしょうが、そういう際にも幸せになる考え方を心がけることができたらいいでしょう。

 生きていく中では「悩みや問題はつきもの」と考えたほうがいいのかもしれません。
 悩みや問題があっても、あまり悩み苦しまないように、落ちついて考えられるようになれたら、と思います。
 そのためには、あせらずに、ちょっと力を抜いて、じっくり考えて解決を目指せるようになれたらいいのではないでしょうか。

    悩みや問題を抱えた時

幸せになる考え方