「自分は自分」

 人の幸不幸はまわりの人に影響されることがよくあります。
 人の言動や態度にイライラしたり、怒ったり、悲しんだり。
 人と意見や考え方が合わずに、ケンカになったり、険悪になったり。
 幸せそうな人と自分を比べて、嫉妬したり、落ち込んだり。
 人の目を気にし過ぎて、ビクビクしたり、見栄をはってしまったり、自分らしく生きられなかったり。

 まわりの人の影響は多かれ少なかれあります。ある程度影響されるのはしかたがないでしょう。
 でも、人に左右されすぎて、幸せに暮らせないようでは問題です。
 人にあまり左右されずに生きるためには、「(人は人、)自分は自分」と思えるようになることが大切だと思います。

 「自分は自分」と思えない人の中には、つい自分を悪く考えてしまう人がいます。
 誰にでも欠点や弱い所はあります。「自分は××」「自分はダメだ」などと考えてもつらいだけです。「自分には××もあるけど、○○もある」のように、自分の弱い所は受け入れつつ、いい所も考えられるようになれたら、と思います。できれば、「今は××だけど、努力すればいつかは○○になれる」と考えられるといいでしょう。

 「自分は自分」と思えるようになるためには、「自分をもつ」ことが大事だと思います。自分の価値観、自分が信じるもの、自分が本当にやりたいこと、自分にとって大切な人、自分の生き方などがはっきりしていれば、「自分は自分」と思えるのではないでしょうか。

 「自分をもつ」ためには、自分の好みや望みを知り、よく考え、自分で選んでいくことです。そして、自分が選んだものは「これでいい」と考えることも大事だと思います。
 と言っても、本当にこだわるのは「これだけは大切にしたい」といういくつかだけでいいと思います。そういうものがあれば、自然と自分らしさも出てくるのではないでしょうか。

 「自分は自分」と思えるようになるためのもう一つの方法は、「(自分は)今は幸せ」と思えるようになることです。
 「自分は幸せ」と思えるようになれば、人に左右されることも少なくなるの ではないでしょうか。

 「自分は自分」と心から思えるようになるためには時間がかかるかもしれませんが、そう思えるようになろうという目標をもって努力すれば、少しずつそう思えるようになっていけるのではないかと思います。

 「自分は自分」「自分はハオハオ」「自信がない」も参考になさってください。

    人にイライラしない

幸せになる考え方