「いい経験にしよう」 〜そういう心の姿勢が大事〜

 過去のイヤな出来事でも、「いい経験」と考えられれば、想い出したとしてもくよくよしなくてすみます。
 想い出すたびに学んだことを復習すればいいのですから。
 実際には、いい経験と考えられるようになると、想い出さなくなるようですが。

 とは言っても現実には、すぐに「いい経験」とは考えられないことが多いと思います。
 まだ強い感情が残っている時には、それはしかたがないことです。
 そんな時には、「今はつらいけれど、いずれはつらくなくなる。きっといい経験と考えられるようになる」のように考えられたら、と思います。

 強い感情の時期が過ぎたら、いつまでもそのことを引きずってくよくよしているのは自分のためによくありません。
 「いい経験だったと言えるようにしよう」と努力したほうがいいのではないでしょうか。
 どんな出来事でも時間をかければ、自分の心の中でいい経験に変えることができると思います。

 過去にイヤな出来事があったことを、人のせいにしたり自分を責めたりしていつまでもくよくよするのと、「いい経験だった」と考えられるのでは大きな違いです。
 「いい経験にしよう」という心の姿勢が何よりも大きいような気がします。

    くよくよしない

夢や目標がある時

悩みや問題を抱えた時

幸せになる考え方