「その時はその時」 〜悪い状況を覚悟する〜

 まだ先の事で、悪い状況を想像してくよくよしてしまうことがあります。
 うまくいかないのではないか、悪い事が起こるのではないか、大変なのではないか、・・・悪い状況になったらどうしよう、困る、イヤだなどと考えてしまいます。
 そんな時には、「その時はその時」と悪い状況を覚悟すれば、不安な気もちを軽くし、くよくよするのをストップするきっかけにできます。

 「その時はその時」という覚悟には、悪い状況になってもその時にベストを尽くそうという決意も含まれています。
 また、その時にベストを尽くす自分を信じられれば覚悟しやすいでしょう。

 悪い状況になっても、苦しむのは「一時の事」がほとんどだし、心がけしだいでは「いい経験」にもできるはずです。そして結局は「なるようになる」のではないでしょうか。
 悪い状況も、もう少し長い目で見れば、それほど恐れることではないと思えることも多いでしょう。

 もし、自分が考えている最悪の状況を、「その時はその時」と受け入れることができれば、もうくよくよしなくてすむのです。

 「その時はその時」と、将来のことは将来の自分にまかせて、今の自分は今を大切にしてくよくよしないほうがいいのではないでしょうか。

    くよくよしない

選択・決断で迷った時

夢や目標がある時

幸せになる考え方