「今を大切にしよう」

 くよくよしてしまう時間が長い人は、「今を大切にしよう」という気もちが足りないのかもしれません。
 その前に、「幸せに(暮らせるように)なろう」という気もちを確認することが必要なのかもしれません。

 「幸せに暮らそう」と思えば、「今を大切にしよう」と思えるのではないでしょうか。
 「今を大切にしよう」思えば、「くよくよするのはやめよう」と思えるのではないでしょうか。

 小さいことまだ先のこと過ぎたことでくよくよしてしまうと、長い時間をイヤな気分で過ごすことになってしまいます。それは今を大切にしていないことであり、それでは幸せに暮らすこともできないでしょう。

 「今を大切にしよう」という気もちがあれば、「(いつまでも)くよくよするのはもったいない」と思えるのではないでしょうか。
 さらに、「くよくよするよりも、いいことを始めよう」と、何かを始めることで、くよくよするのをストップできます。その何かが幸せにつながるものであれば、なおいいでしょう。

    くよくよしない

幸せになる考え方