「人は人、自分は自分」

人は人でいい、自分は自分でいい、違っていていい

 人の考え方や意見が気に入らない、人のやり方や行動が許せない、人が自分の期待したようにしてくれない、人の習慣やクセが我慢できない、・・・。
 このようなことを思ってイライラしてしまった時、「人は人、自分は自分」と心の中で言えば、少しは“イライラ”を鎮められるでしょう。

 すぐに、心から「人は人自分は自分」と思えないかもしれませんが、幸せになる考え方として使うことはできます。たとえば、次のようなステップです。

 人にイライラした時には、まず「こういうこともある」と考える。
 イライラさせる相手には、「こんな人もいる」と考える。
 そして、「人は人、自分は自分」と、自分の心に言い聞かすことで、少しでも落ちつけばいいのです。
 続けて、「こんな人のことを考えるより、いいことを始めよう」と考え、何かを始められれば成功でしょう。

 幸せになる考え方を心がけることで、少しでもイライラが軽くなり、イライラする時間を短くできれば、何もしないよりもいいのではないでしょうか。

 「人は人(でいい)、自分は自分(でいい)」と考えられるようになって、人にあまり左右されずに生きられるようになれたら、と思います。

    人にイライラしない

人間関係に悩み苦しまない

悩みや問題を抱えた時

幸せになる考え方