「問題化しないための幸せになる考え方」

 問題解決の第一の方法は、「問題化しない」ことです。
 簡単に言えば、その問題を考えない方法です。


│ 「問題化しない」ことの価値


 「問題化しない」メリットは、まずその事を問題化しないことにより、何もしなくても(考えなくても)よくなることです。
 問題化するとその解決ができない限り、悩ましい思いをすることになってしまいます。解決しようと思ってもうまくいかないと、イライラしたり、自分を責めたり、落ち込んだりして、悪循環に陥ってしまい、さらに悩み苦しんでしまうことにもなりがちです。
 問題化しなければ、悪循環に入ることもありません。

 また、その問題を考えていたはずの時間を他のことに使えるというメリットも大きいのです。問題を考えて悩ましい時間を減らし、その分、自分にとって何かいいことに時間を使ったほうがいいのではないでしょうか。


│ まず、決意する


 問題化しないために役立つ考え方をいくつか紹介します。
 「自分が考えさえしなければ何も問題はないのではないか?」
 「考えても考えなくても大して変わらないのではないか?」
 「時間がたてば自然に解消する問題ではないか?」
 「1年たったら忘れてしまうような小さい問題ではないか?」
 「(何もしない場合に)予想される悪い結果になっても
   かまわないのではないか?」
 「どうしようもない問題なのではないか?」
 このように自問してみて、答えが「YES」の場合には問題化しないでいいのではないでしょうか。

 たとえば、人間関係の問題の場合

 問題化しないほうがいいと判断したら、「この事は考えないようにしよう」と決意することが大事です。


│ できるだけ考えないように心がける


 考えないようにしようと思っていても、ふとその事を考えてしまうことはあるでしょう。それはしかたがありません。
 そういう考えに気づいて、「この事を(これ以上)考えるのはよそう」と、その時の考えをストップできればいいのです。
 さらに、他のことに考えを切り替えることができればいいでしょう。

 たとえば、人間関係の問題では「いっしょにいない時には、イヤな人のことを考えるのはよそう」、続けて、「こんな人のことを考えるより好きな人のことを考えよう」「何かいいことを始めよう」などと考えられればいいのです。

 その事を考えれば考えるほど、自分の心の中で問題を大きくしてしまいます。
 考える時間を少なくすれば、それだけ問題を小さくできます。
 考えないようにできれば、それは心の中で問題ではなくなり、もう悩み苦しまなくてもすむのです。


│ もっとやりたいことがある


 問題化しないためのもう一つの考え方は、「こんなことを考えるより、他にやりたいこと(考えたいこと)があるのではないか?」と自問してみることです。
 何か思いつくことがあるのなら、問題化しないでやりたいことをやったほうがいいでしょう。

 自分のやりたいことや大切なものがある人は、それを大事に考え、そのために自分の時間とパワーを使ったほうがいいのではないでしょうか。

 問題化するかしないかは、その問題を「考える」か「考えない」か、の選択ではありません。
 「考える」か「考えないで、幸せになれることをする」か、の選択です。

 問題化しなければ、その事に費やす時間とパワーを他のことに使えるのです。
 それを、自分が幸せになるために使ったほうがいい、ということです。

 人生も、1日も、時間には限りがあります。
 悩む時間が長い人は、それだけ幸せになるために使う時間が減ってしまいます。悩むことに使うよりも、自分が幸せになることにできるだけ使ったほうがいいのではないでしょうか。

    悩みや問題を抱えた時

幸せになる考え方